審査なし?即日発行できて審査も甘いクレジットカードを紹介!審査で落ちない方法とは

クレジットカード発行に際しては審査などがあるため、実際にカードを受け取るまでに多くの時間がかかるとお思いの方も多いでしょう。そのため、クレジットカードが必要だが持っていないので諦めたという経験をされた方も多いかもしれません。
しかし、クレジットカードには即日発行可能なものもあり、それらのカードにはさまざまな特徴があります。ここではそんな即日発行可能なクレジットカードのなかから審査に通りやすいものをご紹介します。

クレジットカードの審査で落ちる理由

クレジットカードの申し込みを行うと、カード会社ではその人にカードを発行しても問題がないかを判断するために一定の基準にもとづいて審査を行います。この審査に通らないとクレジットカードを発行してもらうことはできないことから、申し込み前には審査に落ちてしまうさまざまな理由がありますので、詳しくご説明していきます。

無職などで安定した収入が無い

クレジットカードの審査で重視されるのが、十分な支払い能力があるかどうかという点です。毎月の支払いを滞りなく行える経済力が備わっているかどうかはその人の就労状況から判断され、そのために申し込み時には勤務先や毎月の収入額などを申請しなければならないこともあります。

このことから、例えば現在無職であったり、短期間で何度も勤務先を変えていたりすると、安定した収入がなく、十分な支払い能力もないと判断されてしまい、その結果審査に通過できず、クレジットカードも発行してもらえなくなってしまいます。
また、転職経験がなくても現在の会社での勤続年数が少なかったり、収入の少ない雇用形態だったりすると審査に通過できないことがあります。

過去に延滞や遅延をした過去がある

クレジットカード会社では同業他社との間で「金融事故記録」を共有しています。この記録には過去のクレジットカードやローンの支払いに関する遅延や延滞履歴が残されており、そのデータはクレジットカードの発行に際する審査でも照会されます。
このことから、過去にクレジットカードの支払いなどを滞らせてしまった経験のある方は、新たにクレジットカードを作ろうとしても審査に通過するのが非常に難しくなります。なお、金融事故記録のデータは5年間残ることから、支払い遅延などを起こした月から5年間は新たなクレジットカードを作るのは困難であると考えたほうがよいでしょう。
金融事故記録には、携帯電話料金や奨学金の支払い・返済遅延や自己破産などのデータも記録されており、これらの経験がある方も審査を通過しづらくなります。

再申し込み・再審査の間隔が短い

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、その申し込み履歴はカード会社によって6か月間保存されます。これは審査に通過できない人を短期間で何度も審査する手間を省くためであり、一度審査に落ちた人が6か月以内に再度申し込みを行う場合も審査に落ちてしまう可能性は極めて高くなります。
短期間での申し込みは金融事故記録として登録されることもあるため、例えば異なる会社のクレジットカードを6か月以内の間隔で申し込むことも審査に落ちてしまう原因となります。それに加え、このようなケースでは金融事故記録が残ってしまうことでクレジットカードを作れなくなってしまう期間が5年にまで延びてしまうことから、申し込みは慎重に行わなければなりません。

初めてクレジットカードを作る

カード会社にとって審査とは、申込者の信用度を見極めるための作業であることから、信用度を見極めるための材料がない人も審査には落ちやすくなります。例えば初めてクレジットカードを作る方の場合、金融事故記録だけでなくクレジットカードの利用状況に関するデータもまったくないことから、その人が信用できるかどうかを判断することは容易ではありません。
よって、初めてクレジットカードを作る方も審査に落ちてしまう可能性があり、それを防ぐためには初めての方向けカードを申し込む、あるいは十分な収入があることを証明するための収入証明を提出するのが有効です。なお、初めてであることを理由に審査に落ちてしまった場合も、6か月間は再申し込みが受理されることはほぼないため注意が必要です。

多重に申し込みしている

クレジットカードには利用限度額が設定されますが、その金額は申込者の収入などをもとに決められます。そのため、例えば限度額として30万円が妥当だと判断された申込者が、同じタイミングで複数の会社のクレジットカードに申し込み、そのすべての審査に通過してしまうと、限度額の合計は収入に見合わなくなってしまいます。
このことから、クレジットカード会社では、審査において同じタイミングでの多重申し込みがないかも確認することとしており、1か月以内に3社程度の申し込みを行っている場合も審査に通過することは非常に難しくなります。複数枚のクレジットカードを発行する場合は6か月程度の間隔をあけて申し込むようにしましょう。

クレジットカードの審査の内容

クレジットカード会社における審査の詳細な内容は公表されていない部分も多く、申込者がそれらのすべてを把握することは困難です。しかし、以下のような基本的な内容を把握した上で申し込みを行えば、審査に通過できる可能性は高くなるでしょう。続いてはそんなクレジットカード審査の一部内容の詳細について解説していきます。

一般的な審査のクレジットカードは過去の信用履歴を重視

一般的なクレジットカードの審査では過去の信用履歴が重視されます。信用履歴とは簡単にいうとクレジットカードの支払いに関する事故の有無で、例えば支払いの延滞や遅延などがあるとそれらは信用履歴として記録され、特に悪質なものだと金融事故記録としてカード会社の間で共有されることもあります。
信用履歴にはクレジットカード以外のローンやキャッシングの利用状況なども記録されることから、銀行や消費者金融の利用履歴も審査では確認されると考えたほうがよいでしょう。以上のような信用履歴は「クレヒス(クレジットヒストリー)」と呼ばれることもあり、将来的にクレジットカードを作る予定がある方は、このクレヒスに傷がつかないよう気をつけることが大切です。

独自審査のクレジットカードは現在の支払い能力を重視

クレジットカードの審査には会社が独自に行っているものもあります。このような審査では上述した他の会社との間で共有する信用履歴ではなく、会社独自の基準にもとづいてクレジットカードを発行するか否かの判断がなされます。
クレジットカード会社が独自に行う審査では、主に申込者の現在の支払い能力が重視されることから、申し込み時には勤務先情報や収入証明の提出が求められます。よって、現在働いていなかったり収入が極端に少なかったりする方は審査に通過するのが極めて難しいと考えたほうがよいでしょう。
以上のような独自審査は一般的な審査に比べてハードルが高い傾向があり、決して審査が甘いということはありません。そのため、現在の就労状況に関して審査で不利になりうる点がある場合は、独自審査を行っている会社は避けるのがおすすめです。

審査なしのクレジットカードはあるのか

クレジットカード会社では上述した2種類の審査のいずれかを行っており、審査自体を行っていない会社は存在しません。そのため、審査なしでクレジットカードを発行することは不可能なのです。
しかしながら、申し込み前に発行可能かどうかが分かるクレジットカードは存在します。発行可能かどうかが事前にわかるため、審査に落ちてしまって6か月以内の再申し込みが受け付けてもらえなくなるのを防ぐことができます。審査に通過するための十分な収入がない方や現在の職場での勤続年数が少ない方などは、申し込み前に確認をしてみるとよいでしょう。

即日発行もできる かつ 審査が甘いクレジットカード

即日発行が可能で審査が甘いクレジットカードには以下のものがあります。

・アコムACマスターカード
・エポスカード
・セゾンカードインターナショナル
・ルミネカード
・ビックカメラSuicaカード
・エムアイカード
・セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
・三井ショッピングパークカード《セゾン》
・JCB一般カード
・MUFGゴールドカード(最短翌営業日)

続いてはこれらのカードの詳細をそれぞれご紹介します。

アコムACマスターカード

ACマスターカードの券面画像

<アコムACマスターカードのおすすめポイント>

  • 消費者金融系のため審査に通りやすい
  • 自動契約機での受け取りが可能
  • キャッシングでの利用も可能

カードローンやキャッシングでお馴染みのアコムのクレジットカード。ブランドはマスターカードであるため世界中の数多くのお店で使用することができます。また、即日発行の場合、ネットで申し込み後、審査が通れば自動契約機「むじんくん」で8:00~22:00の間にカードを受け取れる点も大きなメリットです。受け取り時には、本人確認書類が必要です。ローン機能も付ける方は収入証明書も持参しましょう。

公式サイト

国際ブランド Mastercard
年会費 無料
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 自動契約機(むじんくん)
ポイント還元率 0.25%
限度額 最高300万円

エポスカード

エポスカードの券面画像

<エポスカードのおすすめポイント>

  • 当日中に審査結果が出れば即日受取が可能
  • 飲食店などで使用できる優待特典が多い
  • 土日祝日の即日発行も可能

デパートの「マルイ」の系列会社が発行するクレジットカード。学生でも発行が可能なカードとしても知られており、審査の甘さは大きなメリットといえます。ネットで申し込みを行い、審査が通れば即日発行されてマルイの店舗で発行したカードを受け取れる点も大変魅力的です。受け取り時には、顔写真付き身分証明書が必要です。

公式サイト

国際ブランド VISA
年会費 無料
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 マルイ店舗
ポイント還元率 0.5%
限度額 10万円~

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの券面画像

<セゾンカードインターナショナルのおすすめポイント>

  • 有効期限のない「永久不滅ポイント」が発行される
  • 学生や専業主婦でも発行できるため審査が甘い
  • 最寄りのセゾンカウンターを指定すれば当日の受け取りも可能

セゾングループが発行するクレジットカードで、無条件で年会費が永久無料となっています。ポイントが永久不滅なので、セゾン系列で買い物をする機会の多い方に大変魅力的です。Web申し込みをした後審査に通過すれば、セゾンカウンターで即日発行されてその日のうちに受け取りが可能です。受け取り時には、受付番号、本人確認書類、引き落とし口座の登録印、引き落とし口座番号が必要です。

公式サイト

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費 無料
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 セゾン系列店舗にある「セゾンカウンター」
ポイント還元率 0.5%
限度額 審査結果により個別に設定

ルミネカード

ルミネカードの券面画像

<ルミネカードのおすすめポイント>

    • ルミネ、NEWoManでの買い物がいつでも5%オフになる
    • Suicaのオートチャージ機能が利用できる
    • たまったポイントはSuicaチャージやルミネ商品券への交換で利用できる

「ルミネ」と提携するJR東日本グループ発行のクレジットカード。ルミネとJR関連の施設・サービスでの特典が多い点は大きな魅力のひとつです。インターネットまたは店頭発行に対応しているルミネ店舗で申し込み、審査が通れば即日発行され、ルミネ店舗で受け取ることができます。受け取り時には、本人確認書類、引き落とし口座のキャッシュカードを用意しましょう。

公式サイト

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費 953円(税抜)、初年度のみ無料
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 店頭発行対応のルミネ店舗
ポイント還元率 0.5%
限度額 審査結果により個別に設定

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラsuicaカードの券面画像

<ビックカメラSuicaカードのおすすめポイント>

      • ビックポイントとJREポイントの両方がたまる
      • Suicaのオートチャージやたまったポイントでのチャージが可能
      • 国内・海外旅行傷害保険がついている

「ビックカメラ」と提携するJR東日本グループ発行のクレジットカード。Suicaをチャージすると1.5%のポイントが還元される上に、ビックポイントをSuicaで使えるのが特徴です。インターネトまたはビックカメラ店頭で申し込みを行い、審査が通れば、店頭発行に対応している店舗での即日発行が可能です。すぐに使用できるため、家電製品の購入でカードの利用を考えている方におすすめです。受け取り時には本人確認書類が必要です。

公式サイト

国際ブランド VISA/JCB
年会費 477円(税抜)、初年度のみ無料
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 即日発行対応のビックカメラ店舗
ポイント還元率 0.5%
限度額 審査結果により個別に設定

エムアイカードプラス

エムアイカードプラスの券面画像

<エムアイカードのおすすめポイント>

      • カードのラインナップが豊富
      • グレードの高いカードほどポイント還元率が高くなる
      • ホテルや旅館と提携を結んでおり、旅行好きな方には特におすすめ

三越伊勢丹グループが発行するクレジットカード。三越や伊勢丹の店舗でカードを利用すると、同グループの百貨店カウンターで1%のポイントが貯まり、ポイントはANAやJALのマイルと交換することも可能です。受け取ることができれば即日発行も可能です。Webあるいはカードカウンターで申し込み、審査に通過後、即日発行が可能です。福岡三越内のエムアイカードプラザ天神で即日受取ができますが、通常は郵送で送られます。受け取り時に本人確認書類が必要になります。

公式サイト

国際ブランド VISA/American Express
年会費 初年度無料、2年目以降有料(金額はカードの種類によって異なる)
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 三越伊勢丹グループ百貨店内カードカウンター
ポイント還元率 0.5%~1.0%
限度額 審査結果により個別に設定

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパールアメリカンエキスプレスカード

<セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント>

      • 有効期限のない永久不滅ポイントがたまる
      • 国内外でAmerican Expressのさまざまな優待が受けられる
      • Webなら24時間申し込み可能

セゾングループが発行するクレジットカード。セゾンの永久不滅ポイントが貯まり、ANAやJALのマイルなどをはじめ、さまざまな特典と交換することができます。海外での利用に強いAmerican Expressのカードが欲しいという方におすすめです。Web申し込み後審査を受け、通過後セゾンカウンターで、即日受け取りが可能です。受け取り時には、受付番号、本人確認書類、引き落とし口座の登録印、引き落とし口座番号が必要になります。

公式サイト

国際ブランド American Express
年会費 初年度無料、2年目以降1,000円(税抜)(前年に1回以上の利用で無料)
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 セゾン系列店舗にある「セゾンカウンター」
ポイント還元率 0.5%
限度額 審査結果により個別に設定

三井ショッピングパークカード《セゾン》

三井ショッピングパークカードセゾンの券面画像

<三井ショッピングパークカード《セゾン》のおすすめポイント>

      • 三井ショッピングパークポイントと永久不滅ポイントがたまる
      • 系列施設での駐車場優待サービスが利用できる
      • 年会費が無条件で永久無料

三井ショッピングパークと提携を結んだセゾンカード。同パークやららぽーとなど、関連施設での利用時に100円に付き2ポイントがつけられます。ポイントはマイルやnanacoやdポイントなどにも変換することができ、貯めたポイントを様々な場所で利用できる点は大きな特徴のひとつです。Webから申し込み、審査が通れば即日発行され、三井ショッピングパーク・セゾンカウンターで受け取ることができます。受け取り時には、受付番号、本人確認書類、引き落とし口座の登録印、引き落とし口座番号が必要です。

公式サイト

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Express
年会費 無料
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 ららぽーとなどの系列店舗
ポイント還元率 0.5%
限度額 審査結果により個別に設定

JCB一般カード

JCB一般カードの券面画像

<JCB 一般カードのおすすめポイント>

      • 利用合計金額次第では2年目以降の年会費も無料になる
      • 旅行傷害保険がついている
      • 他のJCBカードへのグレードアップも可能

最もオーソドックスなJCBカード。受取は郵送のみですが、最短で翌日配送が可能です。JCBはどちらかといえば国内での対応が強く、あまり海外には行かない方におすすめです。翌日配送を希望する場合、Webで申し込みを行った後、金融機関のサイトで支払い口座の設定を行う必要があります。審査通過後、郵送にて届けられますが、受け取り時に本人確認書類が必要です。

公式サイト

国際ブランド JCB
年会費 1,250円(税別)(初年度無料)
発行期間 最短即日発行
即日発行の受取場所 郵送受け取り
ポイント還元率 0.5%
限度額 審査結果により個別に設定

MUFGゴールドカード(最短翌営業日)

MUFGカード ゴールドの券面画像

<MUFGゴールドカードのおすすめポイント>

      • 国内・海外旅行傷害保険をはじめ付帯保険が充実している
      • ポイントプログラムも充実しており、ポイントをためやすい
      • 金融取引サービスを利用できる

三菱UFJニコスが発行するゴールドカードです。一般グレードのクレジットカードより特典が充実している点は大変魅力的です。また、保険や優待は旅行関連のものが多く、旅行や出張が多い方にもおすすめです。Webで申し込みを行い、支払い口座の設定を行います。審査通過後、マスターカードは最短で翌営業日で発行、JCBは最短で2営業日で発行され、簡易書留つきゆうメールで郵送されます。簡易書留の場合は、受け取り時には本人確認書類は不要です。

公式サイト

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費 1,905円(税抜)、初年度無料
発行期間 最短翌営業日
即日発行の受取場所 郵送受け取り
ポイント還元率 0.5%
限度額 10万~200万円

審査が厳しいのはどんなクレジットカード?

どのようなクレジットカード会社でも審査の詳細な内容は公表しておらず、審査の難易度もまた明確にはなっていません。しかし、比較的審査の甘いクレジットカードがあるのと同様に審査が厳しいクレジットカードも存在します。続いては、審査が厳しいといわれているクレジットカードやその発行会社の特徴を見ていきましょう。

クレジットカード発行会社ごとの難易度

クレジットカードはタイプ別に分類することができます。例えば三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行が発行しているカードは「銀行系カード」、ルミネカードなどの商業施設が発行するカードは「流通系カード」などと呼ばれます。そして、クレジットカード会社ごとの発行難易度はこのようなカードのタイプからある程度判断することができます。
一般的にクレジットカードの発行難易度は「銀行系カード>交通系カード>信販系カード>流通系カード>消費者金融系カード」の順になっており、銀行系カードや交通系カードは十分な収入や勤続年数がないと審査に通らないと考えたほうがよいでしょう。

カードの位による難易度

クレジットカードには位(グレード)があり、これをもとに発行難易度を判断することもできます。発行難易度の順番は「プラチナカード>ブラックカード>ゴールドカード>一般カード」となっており、いきなりブラックカードやプラチナカードを作るにはきわめて多くの収入があることを証明しなければなりません。
以上のことから、審査の甘いクレジットカードに申し込みたいという方は、最も難易度の低い一般カードを中心に候補を絞っていくのがおすすめです。ただし、カード会社によっては一般カードであっても難易度が高いことがあるため、大前提として会社選びを慎重に行うことは忘れないようにしましょう。

クレジットカードの審査の通過率を上げる方法

収入や勤続年数が少ないといったクレジットカードを作るにあたっての不利な点がある方は、通過率を上げるための対策を行うことが大切です。クレジットカード会社では収入や就労状況以外の事柄も審査対象としていることから、2つのポイントを押さえておけば通過率を上げることが可能です、これから申し込む方は、この次にご説明するポイントを参考にしてみてください。

キャッシング枠は可能な限り低く設定する

多くのクレジットカードにはショッピング枠とは別にキャッシング枠も設定されています。このキャッシング枠とは簡単にいうとお金の借り入れをする際の限度額のことであり、クレジットカード申し込み時にはキャッシング枠が必要か否かを問われることとなります。
しかしながら、ショッピング枠とキャッシング枠の審査は別々で行われることから、キャッシング枠の申し込みもしてしまうと2度審査を受けることとなり、その分通過率も低くなってしまいます。よって、少しでも通過率を上げるためにはキャッシング枠を可能な限り低く設定し、まったく利用する予定がないのであればキャッシング枠は不要とした上で申し込みを行うのが有効です。

申し込み情報を正確に入力する

正確な申し込み情報を記載しているか否かも審査結果には大きく関係します。例えば申し込み時に入力した勤務先情報は会社への在籍確認をする際に使用されることから、実際には在籍していない会社やかつて在籍していた会社の連絡先などを入力しているとそのことはすぐにばれてしまい、カード会社内でブラック登録になってしまう恐れすらあります。
以上のことから、正確な情報を入力した上で申し込みをすることも審査の通過率を上げるためには不可欠となります。そのため、申し込み時には必ず入力した情報をしっかりと見直すようにしなければなりません。

まとめ

即日発行できるクレジットカードといっても、ブランドや特徴などが多岐にわたるので、複数のカードをよく比較することが大切です。さらに、カード会社によって審査難易度の違いもあることから、少しでも審査に通過しやすくするには、信販系や流通系の一般カードを選び、キャッシング枠を付けないほうが良いでしょう。審査の通過率は申込者の心がけ次第で上げることも可能なため、審査に通過しやすくなる申し込み方法を把握しておく必要もあります。