無職の人が即日・スピード発行可能なクレジットカード!途中から無職になった場合ケースも解説

クレジットカードの発行には必ず審査があり、条件を満たせなかった場合は審査に落ち、カードがつくれないことがあります。 審査では特に返済能力が重視されるので、無職の場合は収入がないため審査に落ちる確率が高くなるのです。

クレジットカードがなくても生活はできますが、年々キャッシュレス化が進み、クレジットカード決済のみ対応のサービスも増えているため、クレジットカードなしの生活に不便を感じている方もいるのではないではないでしょうか。この記事では、無職の方が即日発行でクレジットカードをつくる方法や、審査に有利なクレジットカードをご紹介します。

無職でもカード審査に通るのか

クレジットカードはカードを使って買い物しているのではなく、商品に支払う代金をクレジットカード会社が立て替え、その支払った金額をカード会社がカード会員に請求するものです。立て替えた金額を回収できないとカード会社にとっては赤字になってしまうので、審査では利用者の支払い能力は最重要ポイントになります。

収入があればよいというわけではなく、自営業やフリーランスの方の審査も厳しい傾向にあるので、収入がない無職の方が審査に通るのは、さらに難しくなるでしょう。しかし審査に有利なカードを選び、いくつかのポイントを押さえれば、無職の方でも審査に通ることは可能です。

無職の人が即日・スピード発行できるクレジットカード

クレジットカード発行までの所要日数は、カードによって異なります。一般的に申し込みから受け取りまで2週間ほどです。無職または収入が安定していない場合は審査に時間がかかり、さらに日数がかることがあります。しかし最近では、即日発行・即日使用可能なクレジットカードが増え、無職でも即日・スピード発行が可能なクレジットカードがあります。

・イオンカード
・Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)
・ヤフーカード
・JALカード(学生専用)

それぞれのおすすめポイントと詳細についてご紹介していきます。

イオンカード

イオンカードセレクトの券面画像

イオンカードは、イオン銀行で発行しているクレジットカードで、イオンモールをよく利用する方におすすめのクレジットカードです。

<イオンカードセレクトのおすすめポイント>
・毎月20日、30日はイオンなどで5%オフになる
・ときめきポイントが2倍~21倍付く
・保証が充実
・会員限定の旅行割引や映画鑑賞割引などがある

公式サイト

国際ブランド VISA / MasterCard / JCB
年会費 無料
限度額 ショッピング枠10万~100万円、キャッシング枠50万円まで
即日発行 可(仮カードが発行される)
申込方法 HPより手続きを行う
クレジットカードの受け取り場所 イオン店頭内にある「イオン銀行」
受取時に必要な書類 本人確認書類
還元率 イオングループ1.0%、その他0.5%

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)

amazonマスターカードの券面画像

Amazonが発行するクレジットカードで、「ゴールド」と「クラシック」という2種類があります。

<Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)クラシックのおすすめポイント>
・Amazonの利用で1.5%~2%のポイントが付く
・年間100万円までのショッピング補償がある
・ETCカードも条件付きで年会費無料

国際ブランド MasterCard
年会費 年会費無料(条件付き)
限度額 ショッピング枠10万~80万円、キャッシング枠50万円まで
即日発行 不可、Amazonでの利用のみ即日可
申込方法 Amazonもしくは三井住友銀行のサイトより行う
受け取り方とかかる日数 郵送で申し込みから1週間程度
受取時に必要な書類 本人確認書類
還元率 Amazonで利用 プライム会員2% / プライム会員以外1.5% / その他 1%

ヤフーカード

Yahooカードの券面画像

ヤフーカードはTカードとして利用でき、Tポイントをお得に貯めることができるクレジットカードです。

<ヤフーカードのおすすめポイント>
・Yahoo!ショッピングで還元率が 3%
・カード付帯保険・補償サービスが付いている
・月額490円(税抜き)で「プラチナ補償」加入可能
・TSUTAYAのレンタルサービスを追加できる

国際ブランド VISA / MasterCard / JCB
年会費 年会費永年無料
限度額 ショッピング枠 10万~100万円、キャッシング枠 50万円まで
即日発行 不可
申込方法 Yahoo! JAPAN IDを取得し、申し込みのサイトで必要事項を入力する
受け取り方とかかる日数 郵送で1週間
受取時に必要な書類 本人確認書類
還元率 Yahoo!ショッピング 3%、その他1%

JALカード(学生専用)

JALカードnaviの券面画像

JALカードは、JALマイレージバンク(JMB)カードとクレジットカードが一緒になったカードで、JALカードnaviは学生専用のJALカードです。

<JALカードnaviのおすすめポイント>
・100円で1マイル貯まり6,000マイルから特典航空券と交換可能
・入会特典が充実、今なら1,350マイルもらえる
・語学検定に合格すると500マイルもらえる
・海外旅行保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険などがつく

国際ブランド VISA / MasterCard / JCB
年会費 在学期間中無料
限度額 10万円(一時的な利用可能枠の増額可能)
即日発行 不可
申込方法 新規入会申し込み→審査後書類が届く→書類の返信(本人確認書類が必要)
受け取り方とかかる日数 郵送で最短約2週間、通常約3週間
受取時に必要な書類 特になし
還元率 1.0%~2.0%

無職の人のクレジットカードのつくり方

無職の方はクレジットカードの審査に不利なので、いくつかのポイントをしっかりと押さえて申し込みを行うことが大切です。

・家族カードを申し込む
家族カードは本カードよりも審査が厳しくないので、無職の方でも審査に通る可能性が高くなります。

・審査に有利なクレジットカードを選ぶ
クレジットカードの審査基準はカードによって異なるので、カードを選ぶときは上記でご紹介したような審査に有利なクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

・利用可能額を低めに設定する
利用可能額が低ければ、クレジットカード会社の負担も軽くなるのでカードを発行しやすくなります。設定の目安はキャッシング枠が0円、ショッピング枠が5万円~10万円です。

申し込みから発行までの流れ

クレジットカードの申し込み方法やカードの受け取り方はクレジットカードによって異なりますが、申し込みに必要なものや流れは、ほとんど変わりません。ここではイオンカードセレクトを例にして、申し込みから発行までの流れを説明します。

①必要書類等をそろえる
必要書類は「本人確認書類」と「本人名義の銀行口座」
②イオンカードの申し込みサイトで作りたいクレジットカードを選ぶ
イオンカードセレクトでは「VISA」「MasterCard」「JCB」、およびカードのデザインを選ぶことが可能
③手順に従い必要事項を入力する
④手続が完了したら申込み完了メールが届く
⑤1日~2日後審査結果が届く
⑥審査が通った場合は本人確認書類の送信
⑦イオンで受け取るか、自宅に郵送してもらう(受け取りには本人確認書類が必要)

申し込みに必要なもの

クレジットカードに申し込みする際、必要なものはクレジットカードの種類や申し込む方の年齢によって多少変わりますが、必要になるものは次のとおりです。

<必ず必要なもの>
・引き落としに使う銀行口座
カードによって引き落とし口座に指定できない金融機関もあるので確認する
・本人確認書類
運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、個人番号(マイナンバー)カードなど
※写真がない健康保険などは、補助資料が必要となる
<カードによって必要なもの>
・印鑑
引き落とし口座の銀行印
<未成年の場合>
・親権者の同意が必要

申し込みの注意点

カード会社にとっては「信頼できる人物かどうか」が一番重要なので、嘘偽りのない申告をしましょう。
クレジットカードの審査では「申込者に返済能力があるか」を知るため、「年齢」「職業」「年収」などの申告が必要になります。当然のことながら定職があり収入が多いほど、審査には有利でしょう。だからといって、無職にもかかわらず仕事があると偽ったり、年収を多めに申告したりすることは避けてください。

仮に嘘の情報で申し込みをしても、クレジットカード会社には独自のシステムがあるので、ほとんどの場合嘘がバレてしまいます。嘘が判明すると審査に通らないだけでなくブラックリストに登録され、今後クレジットカードの発行が難しくなったり、最悪偽証罪に問われる可能性もあるので注意してください。

職はなくても「無職」ではないケース

クレジットカードの申し込みでは、収入がないと全てが「無職」と思うかもしれませんが、実はそうではありません。例えば「イオンカード」の職業欄での選択肢は下記のとおりで、無職と思われがちな「学生」と「主婦(主夫)」も職業欄の選択肢に入っているのです。

<イオンカードの職業欄>
・会社員・公務員
・派遣・パート・アルバイト
・学生
・自営業
・主婦(主夫)
・年金受給者

それでは職はなくても「無職」ではないケースについて、ご説明します。

学生

学生自身は返済できなくても、親権者が代わりに返済する可能性が高いので、無職でも審査は通ることはあります。学生向けのクレジットカードも多く、先程紹介した「JALカードnavi」の他に「三井住友VISAクラシックカード (学生)」「学生専用ライフカード」などがあります。

学生向けのクレジットカードは、在学期間中は年会費無料、卒業旅行で行く海外での割引など、学生が喜ぶ特典があるのが特徴です。無職でも学生の場合は、学生向けのクレジットカードを選べば審査がさらに有利になるでしょう。

専業主婦・主夫

専業主婦や主夫の方でも配偶者に安定した収入があれば支払い能力があると判断され、クレジットカードの審査は通ることがあります。専業主婦・主婦の場合、合否の基準が配偶者によって左右されるので、配偶者が多額の負債を抱えていたりローンの返済を滞納したりしている場合は、審査には不利といえるでしょう。

また女性専用のクレジットカードもあり、女性に特化したサービスがあります。例えば「JCB CARD W plus L」は、女性特有の疾病に対する保険に低価格(月払掛金30円~)で加入できたり、ポイントが常に2倍になります。

不労所得がある

収入には働いて収入を得る「勤労所得」と、働かずに不動産経営や株式投資などで収入を得る「不労所得」があります。インターネットの普及で株の取引や資産運用が気軽にできるようになり、「不労所得」のみで生活している方も大勢いて、中には会社勤めをしている方より遥かに多くの収入を得ている方もいるのです。

定職に就かず無職でも「不労所得」があれば審査に通る可能性は高くなりますが、どんなに高収入を得ていても不安定なため、審査では会社員より不利になってしまいます。「不労所得」があって、クレジットカードを申し込む際には、収入を証明できる「通帳」「確定申告の控え」などを事前に用意しておきましょう。

クレジットカードを持っていたが無職になった場合

クレジットカードのほとんどは、「毎月の安定した収入があること」が条件になっています。クレジットカードを保有している方の中には、発行してもらったときは定職に就いていたけれど、さまざまな理由により今現在は無職の方もいらっしゃるでしょう。

「無職になってしまったら、今まで使っていたクレジットカードを使えなくなるか」というと、そんなことはなく引き続き使うことができます。しかし無職になったことでクレジットカードが更新されなくなる可能性もあるので、その点についてご説明していきます。

更新までは利用可能

クレジットカードの有効期限はカードによって違いますが、だいたい3年~5年になり、有効期限はクレジットカードの表面に記載されています。無職になっても表示されている有効期限までは、クレジットカードの利用や特典を得ることは可能です。しかしクレジットカードの規約には、就職や転職した場合は変更手続きをするように記載されているので、本来であれば申告する必要があることは認識しておいてください。

仮に無職になったことを申告しても返済状況に問題がなければ、ほとんどの場合、引き続きクレジットカードの利用は可能です。また申告しなかったことでペナルティを課せられることはないので、新しい職場が見つかったときに登録情報を更新するとよいでしょう。

カード更新時の審査

ほとんどのクレジットカードは自動更新で、だいたい利用期限が切れる1ヶ月前に新しいクレジットカードが郵送されてくるので手続きは不要です。登録情報は定期的にチェックすることもないので、無職になっていても特に問題はありません。
クレジットカードによっては更新時に審査を行うところもありますが、更新の時の審査は登録情報ではなく、おもに利用額や返済の状況をチェックする審査になります。クレジットカードを利用して問題なく返済していれば、特に気にすることはないでしょう。基本的にカード更新時には審査の合否連絡は来ないので、更新時期に新しいカードが送られてこなかった場合は、クレジットカード更新の審査に通らなかったということになります。

カードの更新審査に通らなかった場合

クレジットカード会社によっては更新時に就業調査を行うところがあり、無職であることが知られた場合、更新拒否をされてしまうことがあります。また年会費無料のクレジットカードは、利用額が少ないと更新拒否になることがあります。更新拒否になっても特に連絡は来ませんが、更新時の審査に通ったのに新しいカードが届かない場合は、不在票を誤って処分していたり、引っ越した先の住所を連絡し忘れているケースもあるので、念のためカード会社に確認してみましょう。

無職の場合、クレジットカードの新規発行はハードルが高くなるので、無職でも審査に有利なクレジットカードを選ぶか、審査が比較的厳しくない家族カードを申し込むとよいでしょう。またデビットカードも発行するのに審査がないので、クレジットカードよりもつくりやすくておすすめです。

まとめ

クレジットカードはポイントを貯めることができ、特典が多く、お金の管理がしやすいので大変便利なものになります。返済能力が問われるクレジットカードは、無職の方だとつくれないことが多いです。しかし最近は、年会費永年無料で審査に比較的有利なクレジットカードも増えてきて、無職の方でもカードをつくりやすくなっています。現在無職だけれどクレジットカードがなくて不便を感じている方や、カードをつくりたいという方は、ここで紹介した情報をぜひ参考にしてみてください。