即日発行のクレジットカードを作るのに必要なものは?スムーズな作り方のコツ

クレジットカードを作る際の申し込みには審査があるので、事前に申し込みに必要となる必要書類を揃えておかなければいけません。しかし、クレジットカードの申し込みに必要となる書類や申し込み手順についてあまり把握していない人も多いのではないでしょうか。事前に手順や必要書類などを確認しておかないと申し込みで手間取ってしまい、カードが発行されるまでに時間がかかってしまう可能性があります。そこで今回は、即日発行が可能なクレジットカードを作るときに必要となるものについて詳しく解説していきます。

クレジットカードの作り方は3種類

クレジットカードの作り方には、大きく分けて3種類の方法があります。

<主なクレジットカードの作り方>

  • パソコンやスマートフォンでインターネットから申し込む
  • 申込書を用意し、記入済みの申込書を郵送して申し込む
  • ショッピングモールなどの店頭で作る

それぞれの具体的な作成方法について詳しく見ていきましょう。

インターネットから申し込んで作る

インターネットから申し込んで作る場合は、以下のような流れになります。

1.クレジットカード会社の公式サイトにアクセス
2.クレジットカードの種類を選択
3.入会専用フォームに必要事項を記入し、申し込む
4.審査が行われる
5.審査結果がメールで送られてくる
6.審査に通過したら、クレジットカードが郵送される

インターネットからの申し込みは、24時間365日いつでも申し込みができるというメリットがあります。ネットだけではなく、スマホ専用アプリなどでも申し込むことも可能です。申し込みと同時に、引き落とし口座や受取方法などの設定もできます。

申込書を郵送して作る

申込書を郵送して、クレジットカードを作る場合の流れについてご説明します。

1.  店頭や公式サイトから申込書を入手する
2.  申込書を入手したら、必要事項を記入
3.  本人確認書類・口座振替依頼書・申し込み書を郵送する
4.  審査が行われる
5. 審査通過後2,3週間でクレジットカードが自宅に郵送される

申込書を入手してから自分のペースで申込書を記入できる、万が一記入内容を間違っても、訂正印などで修正が可能というメリットがあります。一方で、申込書が送られてくる、または入手してからの記入となり、その後申込書を郵送してからカード会社にて審査が行われるため、時間がかかってしまう方法でもあります。そのため、カードの発行までには1ヵ月程度の時間がかかってしまうということに注意しておきましょう。

店頭で作る

最後に、店頭申し込みでクレジットカードを作る場合の流れをご紹介します。

1.  クレジットカード会社の営業所の申し込みカウンターを訪ねる
2.  申し込み書に必要事項を記入
3.  本人確認書類と申込書の提出
4.  カード会社にて審査が行われる
5. 審査通過後に仮カードを受け取る
6. 後日郵送で正式なクレジットカードが自宅に届く(カード会社によっては即日発行)

クレジットカード会社によっては即日発行できる、というメリットがあります。しかし、営業時間によっては当日受け取りができないところもあるので注意しましょう。申込書の記入の際に、不明な点があってもすぐに担当者に聞けるのも店頭申し込みのメリットです。ただし、本人確認書類を忘れては申込みを進めることができないので、忘れないように注意しましょう。

クレジットカードを作るときに必要なもの

クレジットカードを作るときには、いくつか用意しておかなければならないものがあります。

<クレジットカード申込みに必要なもの>

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなどのコピー)
  • 引き落とし用の銀行口座
  • クレジットカードを受け取るための住所
  • 電話番号
  • 収入証明書類(キャッシング枠も希望する場合は)
  • 保護者の同意(未成年の場合は)

クレジットカードの申し込みには、以上のものが必要となります。特に未成年の場合は親の同意が必要であること、キャッシング枠を希望する場合は、収入を証明する書類が必要になることに注意しておきましょう。次に、それぞれについて詳しくご説明します。

本人確認書類(運転免許証やパスポートなどのコピー)

クレジットカードを作る際には、本人確認書類の提示を行わなければなりません。本人確認書類として、一般的に認められている身分証明書には以下のようなものがあります。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・6カ月以内に発行された住民票の写し
・住民基本台帳
など

このような本人確認書類の提示は法律で義務付けられており、不正なお金を手に入れて、犯罪などに利用されないように制定されたものです。自分以外の他人の名前を利用してカードを作り、悪用するようなことができないように、クレジットカード会社では本人確認を徹底することが義務付けられているのです。

引き落とし用の銀行口座

クレジットカードを利用すると、その利用金額は銀行口座から引き落とされますので、カード申込時に銀行口座の指定が必要となります。基本的に引き落とし用として設定する口座の種類に制限はないため、都市銀行や地方銀行はもちろん、ゆうちょ銀行やネット銀行などさまざまな金融機関の口座を利用することができます。ただし、クレジットカードの種類によっては、引き落としの対象となる口座としてカードを申し込んだ本人名義の口座のみが設定可能な場合もあります。そのため、自分以外の家族名義の口座や法人名義の口座を設定したいと方は、カード会社に確認するようにしましょう。

クレジットカードを受け取るための住所

クレジットカードの受け取りについては店頭で受け取れるものもありますが、一般的には自宅への郵送となるため、申し込み時に申告した住所に配送されます。自宅にクレジットカードが郵送されるまでには、ある程度の期間が必要となり、申し込みから審査にパスしてクレジットカードが手元に届くまで早ければ1週間、一般的には1ヵ月ほどを見ておきましょう。現住所(免許証や住民票に記載の住所)への郵送となるので、ホテル住まいの人、長期旅行中の人、あるいは長期出張の人でクレジットカードの受け取りが難しい場合は、店頭で受け取ることをおすすめします。

電話番号

クレジットカードの申し込みには、申し込みを行った本人が対応できる電話番号が必要となります。これは、必要なときにすぐに利用者本人に連絡ができるために必要です。電話番号の記載がない(連絡が取りにくい)ということになると、信用力が著しく低下してしまうため、クレジットカードの審査に通過できない可能性があります。クレジットカードの審査では、固定電話や携帯電話の両方の番号があると、さらに信用力が高くなるといわれています。そのため、連絡の取れる電話番号を複数持っている場合には、申し込み時にすべて申告しておくことをおすすめします。

収入証明書類(キャッシング枠も希望する場合は)

クレジットカードにキャッシング機能(キャッシング枠)を希望する場合には、収入を証明する書類が必要です。会社員でしたら最新の源泉徴収票が必要となり、自営業者でしたら確定申告書類や市区町村が発行する収入証明書などの提出が必要となります。キャッシング枠は、クレジットカードで買い物をするショッピング枠とは別に厳しい審査が必要になるため、安定した収入があることが条件になります。そのため、雇用形態や収入によっては審査に通らなくなる可能性が高まります。審査を通りやすくしたい方は、キャッシング枠を付けずに申し込みましょう。

保護者の同意(未成年の場合は)

高校生を除く18歳以上の学生は、クレジットカードの発行が可能です。しかし、高校生を除く18歳以上の学生であっても20歳までは未成年となるので、申し込みには保護者の同意が必要となります。この保護者の同意を確認するには、クレジットカードカード会社の審査の担当者が、申し込み時に申告した保護者の連絡先に電話をかけることで行われます。このとき保護者からの同意が確認できれば、クレジットカードの発行が可能になります。そのため、親元から離れて暮らしている未成年がクレジットカードを作成する場合には、あらかじめ保護者に連絡を入れておきましょう。

クレジットカードが手元に来るまでの流れ

クレジットカードを作る際の、申し込みから受け取りまでの流れは以下のようになります。

①申し込み
②審査・自動審査
③会社や自宅などへの本人確認
④受け取り

クレジットカード会社によっては一連の手続きが当日中に終わる場合もありますが、基本的には2~3週間から1ヵ月程度かかると思っておいたほうがいいでしょう。次から流れを詳しくご説明します。

①申し込み

クレジットカードは、現在さまざまな会社から発行されています。銀行系はもちろん、流通系、交通系、信販系、さらには消費者金融会社発行のものもあるのがクレジットカードの特徴です。自分がよく利用するサービスでのポイントが貯まりやすい、あるいは特典が大きい会社のクレジットカードを選択するとよいでしょう。次に、クレジットカードに付帯する国際ブランドを決めなくてはいけません。国内での利用が多いのでしたら国内発のブランドであるJCBが一般的ですし、海外などでも利用したいのでしたら、VISAやマスターカードのほうが利便性は高くなるでしょう。

②審査・自動審査

クレジットカードの申し込みを行うと必ず審査を受けることになります。これは主に申し込み者の返済能力を信用情報調査機関から確認するためのものです。過去に他のクレジットカードで延滞歴がある、あるいは延滞中であると信用度が著しく落ちてしまい、審査に通ることは難しいでしょう。また、月々のスマートフォン利用代金の延滞歴がある人も、審査に通るのが難しくなるので注意が必要です。他には、年収や勤務先などによっても審査通過率が変わってきます。

③会社や自宅などへの本人確認

クレジットカードの申し込みを行うと審査項目のひとつとして、職場へ在籍確認の電話がかけられることがありました。しかし、最近は勤め先に電話確認を取らない場合が増えてきています。最近はネットを通じての申し込みが多くなってきたので、自宅や携帯電話、スマートフォンなどを通じて本人に直接電話をかけることで本人確認を取ることが多くなっています。そのため、自宅電話あるいは携帯やスマホの所持は必須となるので注意しましょう。なお、現在でも職場への在籍確認が行われる可能性がありますので、事前に職場に話をしておきましょう。

④受け取り

即日発行・即日受取に対応しているクレジットカード会社であれば、店頭での受け取りであれば当日に受け取ることも可能です。それ以外の場合は基本的に郵送で自宅に郵送されます。店頭受取や郵送受取に関わらず原則本人しか受け取ることができません。店頭の場合はカードの受取時に窓口へ提示します。郵送で受け取る場合は郵便局員に本人確認書類を提示して、クレジットカードの受取人が本人であることを確認してもらう必要があります。

学生や無職など収入がない場合のクレジットカードの作り方

種類は少ないですが、学生には学生専用のクレジットカードが用意されています。学生の審査は親の返済能力で審査が行なわれるので、高校生以上の学生であれば未成年であってもカードを作ることができます。このような学生向けのカードは、学生から社会人になるときに、社会人用のクレジットカードにグレードアップさせることができるので、そのまま培ってきたクレヒスを引き継ぐことができるのもメリットでしょう。
専業主婦(夫)も同様に配偶者の経済力が高ければ審査に通ることができますが、それ以外の無職で収入がない方は、クレジットカードの申し込み条件の「安定した収入のある人」に合致しないため、審査に通るのは難しいでしょう。

まとめ

クレジットカードを即日発行するためには、書類の不備なくスムーズに手続きを進める必要があります。しかし、申し込みをした時間によっては当日中に受け取れない場合もあるので、なるべく早くから申し込み手続きをする方がよいでしょう。即日発行かつ即日受取を希望する場合は、店頭受取にすることをおすすめします。